FROM ME TO YOU



<   2012年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧


有り難いことに

こんな嵐のような天気の中、お客さんが来てくれてます。
来させるための戦略、深読み駆け引きなんて必要ない。
そんな気がする。
頭で考えてることは我良しの自分のことばかり。
後ろめたいから、そんな傷つけるためだけの捨て台詞を吐くんだよ。

当たり前のことを当たり前に繰り返す、
もう、自分の為だけに欲しいものなど何もないから、それでいい。
たくさんの有り難いことに気付ける毎日に感謝、ありがとう。

   
a0078271_14432331.jpg

[PR]
by kousei-pao | 2012-03-31 14:44

沈黙

沈黙してる

何を言われても

見苦しい言い逃れだとしても

何も言わない

沈黙してる

そう決めたんだ。

沈黙してる

食べて吐いても嘘をつき続けても

何も変わらない

沈黙してる

自由でいたいから

何も言わない

そう決めたんだ

          
a0078271_15404610.jpg

[PR]
by kousei-pao | 2012-03-28 15:48

残念な人たち

昨日、残念な人たちを見た。
若いことを才能と勘違いしたまま、
何も思うこともなく何もせず、
ただ歳だけををとってしまった人たち、
幼稚に場違いに騒いでた。
いつもの自分なら席を立っているけど、
昨日は立場上それも出来ないし、
柄にもなく我慢の一時。

なんでもない日常の中に何を思うか、何をするか、
日々の小さな繰り返しでこんなに差がついてしまう。
毎日パンを焼く、繰り返される平凡な一日のお陰で、
諦めることも色褪せることもなく、
どこまでも行けるところまで歩いて行ける。

心配はいらない、大丈夫!
[PR]
by kousei-pao | 2012-03-25 07:46

疲れ進行中

いま式が終わってこれから宴です。

やっぱり苦手だな、こういうの,,,馴染めね~

パンが焼きたくなった、パンはいいな。

大人になれなくて申し訳ないけど、

いいパン焼いて喜んでもらえれば幸せだから、

そのまんまの自分でいるよ。
[PR]
by kousei-pao | 2012-03-24 16:59

休みたくないけど

春分の日が過ぎて、何かの始まりの鼓動を感じてる。
パオのパン達も春の芽吹く気配に反応して不安定になってる。
それでも淡々とパンと向き合う。
今日もこんな天気の中沢山の人が来てくれた。
ありがとうの毎日に感謝!

今年は色々なことが昨年以上に起こる気がしてる。
起きる出来事は、ただそう在るだけでそこに意味はない。
どんな風に意味づけするかは個人の自由だから、
見える世界はひとそれぞれ。
たとえ何があっても、できるだけありのまま、そのまんまの世界を、
見ることが出来たらと思ってはいるけれど、、、



明日は冠婚のためお休みします。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。


     
a0078271_19512690.jpg

[PR]
by kousei-pao | 2012-03-23 19:53

雨の土曜日に思うこと。

昨日は二週続けて雨の土曜日。
それでも天気に関係なくパオのパンを必要としてくれるお客さんが来てくれる。
たかがパンだけど、パンを通した様々な出会いが、
なんでもない毎日を支えてくれるのは幸せなこと、ありがたい。

雨の中、北海道の菊池さんが家族で久しぶりに来てくれた。
まだ彼女が子供のいない美人な若奥さんだった頃に、
パオのパンがどうしても学びたいと熱心に何度も頼み込まれ、
美貌と熱い思いに根負けして受け入れた。

当時、菊池さんの本当に熱心に素直にパンに向きあう姿を見て、
かつて自分がノヴァに押しかけ修行に行ってた頃を思い出した。
ノヴァのパンに触れられるだけで嬉しかったし幸せだった。
いまこうして僕が好きなパンを焼いて生かしてもらえてるのも、
あの時快く受け入れてくれたブッシュさんや、
何でも隠さず教えてくれた隈本さん、パンの基本技術を指導してくれた山ちゃん、
その他スタッフ、パートさんたちのお陰。
してあげたことは忘れていい、でもしてもらったことは忘れちゃいけない。
初心忘れるべからずだよね。

その人柄そのままの素直なパンを焼く菊池さんも今は三児の母。
こじゃれた線の細い子供ばかり目につく中、
菊池さんの子供、とくに下の二人の男の子は今時珍しいくらいの野生児。
まるで北海道の熊の子、雨の中ずぶ濡れで遊ぶというより暴れてた。
子育ては大変だろうけど先が楽しみ、がんばって!

雨の日も風の日も来てくれるお客さんや、
今も変わらず頑張ってる懐かしい人たちに会うたびに、
すべてに支えられてるから大丈夫って、いつもそう思うんだ。

感謝、ありがとうございます。
 
    
a0078271_19223787.jpg

[PR]
by kousei-pao | 2012-03-18 19:23

LIKE A ROLLING STONE

毎日起きる地震、東京直下型地震も現実味を帯びてきた。
だからって先行きを考えすぎてもしょうがない。
備えは大切だけど、それにとらわれて「いまここ」が台無しにならないようにしないと。
もう振り回されるのはうんざりだから、、、

出来るできないは別にして何かと向き合うときには、
行けるところまで行こう、いつだってそう思ってる。
結果駄目だとしても、すべてを受け入れられるところまでやってみたい、
いつだってそう願ってる。

たとえ散々な目にあって最低な気分を味わっても、
丸くなれずに上手く転がれなくても、でこぼこの石のままでいようと思う。
でこぼこの石ころのまま、そのまんま不器用に止まらずに転がり続ければいい。

空回りして少しも前に進めない君を見てると、
いつだってそう思うんだ。
    
    
      
a0078271_12463171.jpg

      
[PR]
by kousei-pao | 2012-03-16 12:47

素直であるということ

目の前の現実は全部自分が引き寄せたもの、
どうやらそういうことらしい。
何を選択するかで何を引き寄せるかが決まるのなら、
できるだけ素直でありたいよね、素直さは無意識に繋がっているから。
素直であることで、
無意識に内在する本当に望むもの必要なことが引き寄せられる気がする。

素直であれば正直で居られる。
思わせぶりや駆け引きも要らない。
誰かを傷つけたり見苦しい嘘をつかなくてもいい。

だから、できるかぎり素直でありたい。
そう思ってる。

   
a0078271_1931123.jpg

[PR]
by kousei-pao | 2012-03-13 19:17

浅草 3.11

迷ったり思うことがあるとき自然と足が向く場所、浅草。
僕が生まれた街。
僕が厄介で面倒くさい奴になったのは、
ここで育ったからかも知れない。

a0078271_1974820.jpg


いつもは自分の為に手を合わせる観音様に、
今日は自分以外の誰かのために手を合わせる。
ずっと守られてきた、いつも助けられてきた観音様に、
今日だけは自分以外の誰かのための幸を祈る。

柄じゃない、神様との約束だって守ったことがない。
それでも今日だけは、誰かのために手を合わせ祈るよ。

a0078271_19135540.jpga0078271_19225545.jpg

  
[PR]
by kousei-pao | 2012-03-11 19:27

黙祷

ちょうど一年前の今日、

突然起きた出来事で世界はすっかり変わってしまった。

すべてに意味がない?

すべてに意味がある?

わからない、、、、、

それでも祈ろう、何も出来ないとしても、、、

自分以外の誰かのために、、、今日一日だけでも、、、



そう思うんだ。
[PR]
by kousei-pao | 2012-03-11 09:13


パン,身体,心