FROM ME TO YOU



生きるということ

友達がバイクで16才で死んだ時も
目立ちたいだけの人騒がせな自殺未遂に巻き込まれた時も、
死はどこか遠くにあった。

身近な人が亡くなる度ごとに死が
少しづつ近づいてくる。

パンを通して沢山の人と関わり、
パンを通して沢山の人に支えられている毎日。

人はいずれ死ね、いつか必ず死ぬ。
若さを才能と勘違いしてる君だって
明日死ぬかもしれない。

だから、いま出来ることをやる。
いま目の前にいる人を大切にする。

ずっとやりたかったことをやろう。

そんなことを思い知った一日。
[PR]
by kousei-pao | 2013-03-27 18:58
<< 日常 桜 >>


パン,身体,心
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30